朝吹亮二(読み)あさぶき りょうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝吹亮二 あさぶき-りょうじ

1952- 昭和後期-平成時代のフランス文学者,詩人。
昭和27年4月30日生まれ。朝吹三吉の次男。芥川賞作家・朝吹真理子の父。平成2年慶大助教授,のち教授。超現実主義を研究する。昭和62年詩集「opus」で藤村記念歴程賞。平成23年「まばゆいばかりの」で鮎川信夫賞。東京出身。慶大卒。詩集はほかに「終焉と王国」「封印せよ,その額に」「密室論」「明るい箱」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android