朝吹亮二(読み)あさぶき りょうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝吹亮二 あさぶき-りょうじ

1952- 昭和後期-平成時代のフランス文学者,詩人。
昭和27年4月30日生まれ。朝吹三吉の次男。芥川賞作家・朝吹真理子の父。平成2年慶大助教授,のち教授。超現実主義を研究する。昭和62年詩集「opus」で藤村記念歴程賞。平成23年「まばゆいばかりの」で鮎川信夫賞。東京出身。慶大卒。詩集はほかに「終焉と王国」「封印せよ,その額に」「密室論」「明るい箱」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android