コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オボー oboo

世界大百科事典 第2版の解説

オボー【oboo】

山や峠にモンゴル人が土や石を積みあげた構造物。オボ。obo,oboghaとも書き,鄂博と漢音訳される。石や土で円錐形に作った基壇の上部に木枝をさし,その中心に三叉矛や槍を立てる。オボーは複数並べられることもある。モンゴル人はこれに天神地祇が降りて宿るとし(オボー自体を地祇とみる考えもある),毎夏オボー祭を行い,牛馬などの生畜またはその肉,乳製品その他を供え,五畜などの豊饒,息災その他を祈り,オボーのまわりをめぐり,かつ競馬,相撲,弓射を奉納する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

オボーの関連キーワードスヴャトスラフ クヌシェヴィツキーゲンナジー ロジェストヴェンスキーショパン国際ピアノ・コンクールウラディーミル アシュケナージウランチャップ(烏蘭察布)盟ショパン国際ピアノコンクールドジョーギーン ツェデブDirect RDRAMダヴィッド オイストラフ内モンゴル(蒙古)自治区パオトウ(包頭)特別市インシャン(陰山)山脈audio card3Dアクセラレーターペーター レーゼルトマス・ベケットカラーマッチングクヌシェビツキープロコフィエフアシュケナージ

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android