豊饒(読み)ほうじょう

精選版 日本国語大辞典「豊饒」の解説

ほう‐じょう ‥ゼウ【豊饒】

〘名〙 (形動) 作物が豊かにみのること。土地が肥沃で、作物のみのりがよいこと。また、そのさま。ほうにょう。ぶにょう。
※朝野群載‐一七・天暦四年(950)四月一一日「行道之砌、共祈貴境之豊
※古今著聞集(1254)七「住僧も安堵し寺領も豊饒なり」 〔蔡邕‐黄鉞銘序〕

ほう‐にょう ‥ネウ【豊饒】

〘名〙 (形動) (「にょう」は「饒」の呉音) =ほうじょう(豊饒)
即興詩人(1901)〈森鴎外訳〉古祠瞽女シチリアの自然、その豊饒(ホウネウ)一面荒蕪の一面とは」

ぶ‐にょう ‥ネウ【豊饒】

〘名〙 (形動) ゆたかなこと。たくさんあること。また、そのさま。
※今昔(1120頃か)三一「然ればの樹伐り倒して後、百姓田畠を作るに、豊饒なる事を得たりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「豊饒」の解説

ほう‐じょう〔‐ゼウ〕【豊×饒】

[名・形動]土地が肥沃ひよくで作物がよく実ること。また、そのさま。ほうにょう。「豊饒な(の)大地」
[派生]ほうじょうさ[名]
[類語]肥沃豊沃

ほう‐にょう〔‐ネウ〕【豊×饒】

[名・形動]ほうじょう(豊饒)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android