コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊饒 ホウジョウ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐じょう〔‐ゼウ〕【豊×饒】

[名・形動]土地が肥沃(ひよく)で作物がよく実ること。また、そのさま。ほうにょう。「豊饒な(の)大地」
[派生]ほうじょうさ[名]

ほう‐にょう〔‐ネウ〕【豊×饒】

[名・形動]ほうじょう(豊饒)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶにょう【豊饒】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「ふにょう」とも〕
ほうじょう(豊饒) 」に同じ。 「天産物の-なるは其国土壌とち風気の好きを著すべく/新聞雑誌 28

ほうじょう【豊饒】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
地味が肥えていて作物がよくみのる・こと(さま)。ほうにょう。 「 -な土地」 「我空想は未だ一たびも斯く広大に、斯く-なる天地を望みしことなかりしなり/即興詩人 鷗外
[派生] -さ ( 名 )

ほうにょう【豊饒】

〔「にょう」は呉音〕
ほうじょう(豊饒) 」に同じ。 「シチリアの自然、その-の一面と荒蕪の一面とはこゝにあり/即興詩人 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

豊饒の関連キーワードハル・サフリエニ・ヒポゲ葦原の千五百秋の瑞穂の国マイビ・ジャゴイカンパニア平野首狩り・首狩ニライカナイアフロディテ祝い棒・祝棒秋田の竿灯三島由紀夫アース神族パチャママイシュタルゴルガーンプリアポス生殖器崇拝さんばい様即興詩人男根崇拝経世秘策

豊饒の関連情報