コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮮卑 せんぴ Xian-bei; Hsien-pei

6件 の用語解説(鮮卑の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鮮卑
せんぴ
Xian-bei; Hsien-pei

満州 (現在の中国東北地区) からモンゴル高原に拠った古代の牧畜狩猟民族。人種については,チュルク系説,モンゴル系説,モンゴルとツングースとの混血説がある。匈奴の支配を受けていたが,匈奴が衰えると後漢とともにこれを攻撃した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せんぴ【鮮卑】

古代、北アジアで活躍した遊牧民族五胡の一。2世紀中ごろ、匈奴(きょうど)の滅亡後に全モンゴルを支配したが、その後は諸部族に分裂。五胡十六国時代に慕容(ぼよう)氏()・乞伏(きっぷく)氏()・禿髪(とくはつ)氏()らが華北に建国、386年には拓跋(たくばつ)氏が北魏を建て華北を統一した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鮮卑【せんぴ】

中国古代に東部モンゴリアを本拠として活躍した遊牧民族。戦国時代に栄えた東胡の後身といわれる。初めシラムレン川流域にいて匈奴(きょうど)に属し,その滅亡後は北方に勢力を振るう。
→関連項目烏孫魏晋南北朝時代柔然単于【てい】夫余

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せんぴ【鮮卑 Xiān bēi】

中国古代に今の遼寧省から内モンゴル自治区一帯に居住していた遊牧民族。戦国期に栄えた〈東胡〉の後裔で,モンゴル族に属する。漢の初め匈奴の冒頓単于(ぼくとつぜんう)に討たれるとシラムレン流域へ北上,遊牧狩猟を主とし,肉を食い酪(らく)を飲み,また春,全部族員がシラムレン河畔に集会し,酒宴のあとで配偶者を決めた。1世紀初め南下して勢力を回復,しばしば中国へ侵入し内属と離反を繰り返した。2世紀半ば,〈大人〉に推された檀石槐(だんせきかい)は,諸部族を連合して大勢力を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せんぴ【鮮卑】

古代北アジアの遊牧民族の一。モンゴル系ともトルコ系ともいわれる。初め匈奴きようどに服属。二世紀、全モンゴルを統一したが、のち各部族に分裂。五胡十六国時代には慕容ぼよう氏(燕)・乞伏きつぶく氏(秦)・禿髪とくはつ氏(涼)が華北に建国。拓跋たくばつ氏は北魏を建て華北を統一した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鮮卑
せんぴ

古代北アジアの遊牧民族。トルコ系とする説もあるが、人種および言語系統の詳細は不明。紀元前3世紀初め、東胡(とうこ)を構成する一部族として大興安嶺(だいこうあんれい)一帯に分布していた。前206年ころ東胡が匈奴(きょうど)の冒頓単于(ぼくとつぜんう)に撃滅されると、やがて匈奴に服属して徐々に南下し、シラムレン川流域〔遼(りょう)河上流〕で狩猟遊牧生活を行い、ときに匈奴に従って漢の東北辺に侵入した。紀元後48年、匈奴の南北分裂ののち、自立の動きが始まり、54年には大人〔(たいじん)、首長(しゅちょう)〕の於仇賁(おきゅうほん)らが後漢(ごかん)の都洛陽(らくよう)にきて朝貢し、光武帝は彼を王に封じた。2世紀中ごろに現れた大首長檀石槐(だんせきかい)は、北匈奴の残留部族をはじめモンゴル平原の遊牧諸民族を帰属させ、東は遼東、西はジュンガル盆地に至る大勢力を築き、中国の北辺から西辺に侵寇(しんこう)して後漢王朝を悩ませた。檀石槐の死後、各部族の大人の位が選挙推戴(すいたい)制から世襲制へ移行し、統一勢力は分解した。3世紀初めには歩度根(ほどこん)、軻比能(かひのう)らの大人が現れたが統一は回復されず、3世紀中ごろから慕容(ぼよう)、宇文(うぶん)、段(だん)、乞伏(きっぷく)、托跋(たくばつ)、禿髪(とくはつ)などの部族が有力となった。これら有力部族は騎馬軍団の力を背景に、漢族支配層との結び付きを強めながら、五胡十六国時代の華北でしのぎを削った。慕容氏は前燕(ぜんえん)、後燕、西燕、南燕、吐谷渾(とよくこん)、乞伏氏は西秦(せいしん)、托跋氏は代国〔北魏(ほくぎ)の前身〕、禿髪氏は南涼(なんりょう)を建てた。その後の北朝王朝(北魏、東魏、西魏、北斉(せい)、北周)および隋(ずい)・唐王朝の宗室も祖先は鮮卑系である。
 1980年夏、大興安嶺北部の原生林の一角で、狩猟遊牧の段階にあった鮮卑托跋部の祭祀(さいし)跡を残す大洞窟(どうくつ)〔嗄仙洞(かっせんどう)、縦横約20メートル、奥行約100メートル〕が発見された。洞窟内の壁には443年に刻まれた銘文があり、それによれば、かつて托跋部がこの地に住んだこと、洞窟内の祭壇で天地・祖先を祭ったこと、当時の鮮卑の首長が可汗(かがん)とよばれたこと、などがわかる。[佐藤智水]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鮮卑の言及

【内モンゴル自治区】より

…その後,匈奴は南北に分裂,そのうち南匈奴は漢に服属し,やがて中国北部へ農耕民として入っていった。彼らのあと,この地には東胡の子孫である鮮卑が入るが,彼らは中国に北魏王朝を樹立,こんどはトルコ系の柔然がこの地一帯を支配した。しかし,6世紀中ごろアルタイ地方から勢力をのばしてきた突厥(とつくつ)がこれを滅ぼし,隋・唐をおびやかすに至った。…

【五胡十六国】より

…4世紀初頭より約1世紀半,中国華北に分立興亡した国家群,あるいはその時代をいう。主権者の多くは五胡すなわち匈奴(きようど)・羯(けつ)(匈奴の一種)・鮮卑(せんぴ)(東胡系)・(てい)(チベット系)・(きよう)(チベット系)の非漢族で,これまでの漢族による中国統治の流れを大きく変えた時代である。また牧畜・狩猟民族と農耕社会との接触が深まり,それが政権の形成にまで発展した,文化史上特色ある時代である。…

【モンゴリア】より

…北匈奴は後漢と対立したが91年(永元3)敗れその本拠地を西のイリ地方にうつした。匈奴ののち,外モンゴルを丁零(ていれい)が,内モンゴルを鮮卑(せんぴ)が支配した。このうち鮮卑は3世紀前半に分裂し,有力な部族が各地に割拠した。…

※「鮮卑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鮮卑の関連キーワード帰綏寧夏回族自治区内モンゴル自治区綏遠熱河省ザナドゥー蒙疆甘粛[省]阜新チャハル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone