コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オモ川下流域 オモガワカリュウイキ

デジタル大辞泉の解説

オモがわ‐かりゅういき〔‐がはカリウヰキ〕【オモ川下流域】

Lower Valley of the Omo》⇒オモ国立公園

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界遺産詳解の解説

オモがわかりゅういき【オモ川下流域】

1980年に登録された世界遺産(文化遺産)で、エチオピア南西部のガモ・ゴファ州に位置する。150万~450万年前の化石が堆積している。1967年以降、400万年前のアウストラロピテクス・エチオピクスの骨、250万年前のホモ・ハビリスが使用した打製石器などが発掘されている。古人類学の研究上、重要な地域として評価され、世界遺産に登録された。◇英名はLower Valley of the Omo

出典|講談社世界遺産詳解について | 情報

オモ川下流域の関連キーワードエチオピア(国)

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android