コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古人類学 こじんるいがくpalaeoanthropology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古人類学
こじんるいがく
palaeoanthropology

過去の時代の人類を研究する学問分野。身体の形態,生理,遺伝などを調べる形質人類学,また身体と外の環境との関係を調べる人類生態学などのような人類学の各分野のうちで,研究の対象や問題意識が過去の時代を向いているものをさすともいえる。第2次世界大戦前までは,化石人骨の形態や石器などの遺物を調べて人類の系譜を知ろうとする研究が中心であったが,戦後,人類学以外の生物学各分野あるいは力学統計学などの新しい知見,方法が導入され,単に人骨や遺物だけでなく,それらを生み出した母体の人類集団全体を把握することが可能となりつつある。人類進化学,人類系統学,人類起源論などは,それぞれある研究視角を強調したもので,内容的には類似している。また文化的あるいは歴史的側面からは,先史学や考古学とも近縁である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の古人類学の言及

【自然人類学】より

…集団間変異のなかで最も重要なものが時間と地域による変異で,自然人類学の中心的研究課題や分野もほぼこの二つに関連したものである。時間的変異を研究する分野には霊長類学と古人類学とが含まれ,前者は第三紀化石霊長類,現生霊長類の形態・生理・生化学的研究を通じてヒトの起源の解明に迫ろうとするものである。後者は,第三紀鮮新世に出現し,第四紀洪積世末に現生人類が出現するまでの洪積世人類の進化過程を明らかにしようとするもので,過去の遺物の絶対年代を推定する年代学,古環境を復原する古生態学,旧石器文化を研究する考古学なども見方によってはこの分野に入れられる。…

※「古人類学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

古人類学の関連キーワードドナルド・C. ジョハンソンサンギラン初期人類遺跡ンゴロンゴロ保全地域日本人(人類学)ケーニヒスワルト李済(りせい)オモ川下流域ジョハンソン旧石器時代ハウエルズ自然人類学分子人類学化石人類オモ遺跡金元龍張光直

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古人類学の関連情報