コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリエンタル・デスポティズム oriental despotism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オリエンタル・デスポティズム
oriental despotism

中国の官僚組織,ムガル帝国帝政ロシアなどを表わしたもの。 17世紀にすでに用いられていた語であるが,C.de S.モンテスキューの表現によって一般的となった。その内容としては,専制君主およびその側近に権力が集中していること,すべての政治的社会的活動が上から管理されていること,法の支配の欠如,権力中枢への挑戦が抑圧されること,強力な軍隊,対抗勢力を抑えるために全人民が動員されること,などがあげられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android