挑戦(読み)ちょうせん

精選版 日本国語大辞典「挑戦」の解説

ちょう‐せん テウ‥【挑戦】

〘名〙 戦いをいどむこと。戦いをしかけること。勝負することを求めること。また比喩的に、困難な事業や記録更新などにたちむかうことにいう。チャレンジ
※八幡愚童訓(甲)(1308‐18頃)上「先皇は異国の流矢に当て崩御あり。母后は手自戦し遂に討勝給き」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「挑戦」の解説

ちょう‐せん〔テウ‐〕【挑戦】

[名](スル)
戦いや試合をいどむこと。「挑戦に応じる」「世界チャンピオンに挑戦する」「挑戦状」
困難な物事や新しい記録などに立ち向かうこと。「世界記録に挑戦する」「エベレスト登頂に挑戦する」
[類語]チャレンジアタック挑む

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「挑戦」の解説

【挑戦】ちよう(てう)せん

いどみ戦う。〔史記、項羽紀〕項王曰く、~はくは王と挑戰して、雌雄を決せんと。~王笑つて謝して曰く、(われ)は(むし)ろ智を(たたか)はさん。力をはすこと能はずと。

字通「挑」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android