オリバー ジャクソン(英語表記)Oliver Jackson

20世紀西洋人名事典の解説


1934 -
米国のジャズ奏者。
ミシガン州デトロイト生まれ。
ミラー・ハイ・スクールでドラムスを学び、その後アレックス・カラロ、ドロシー・ドネガン、テディ・ウイルソンのピアノトリオで活躍。1958年ニューヨークに移りスイング派と共演。’61年バック・クレイトンと欧州楽旅、’63年ライオネル・ハンプトンとアフリカ楽旅をし、代表作に「レイ・ブライアント・トリオ」(Signature)、「ライブ/ワイルド・ビル・デイビス〜エディ・ロックジョウ・デイビス」(Black&Blue)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android