オリヤ語(読み)オリヤご(英語表記)Oriya language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オリヤ語
オリヤご
Oriya language

インドのオリッサ州で用いられる,インド=ヨーロッパ語族インド=アーリア語派に属する言語。話し手は約 2500万人で,そのうち数十万人はオリッサ州外に住んでいる。アッサム語ベンガル語などと最も近い関係にあり,プラークリット語の一つ,アルダマガディー語から発展してきたものである。語彙と音声の面では現代のインド諸語のなかで最もサンスクリット語に近く,表記と発音とがよく対応している。また,文法構造が簡単なこともあって,ベンガル語などよりはるかに外国人が習得しやすい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android