コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリュントス オリュントスOlynthos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オリュントス
Olynthos

カルキディケ半島,ポチダイアの北の古代ギリシアの都市。現オリントス。前5世紀カルキディケ連盟の首都として栄えたが,前 348年マケドニアフィリッポス2世により破壊された。のち再建されヘレニズム時代にも重要な都市であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オリュントス【Olynthos】

北ギリシア,カルキディケ半島古代都市遺跡。元来はマケドニアの種族ボッティアイア人の集落であったが,前479年ペルシア軍がこれを占領したのち,ギリシア系住民の流入を見た。前5世紀末以降,カルキディケ同盟の主都となったが,前348年マケドニアのフィリッポス2世により徹底的に破壊された。1928年から38年にかけてアメリカの発掘隊によって発掘され,整然とした都市計画の街並みが姿を現した。【馬場 恵二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のオリュントスの言及

【風呂】より

…例えば,オリュンピアで発見された浴場は,矩形の部屋に11個のテラコッタ製浴槽が並び,貯湯槽から容器によって給湯したことが判明している。前348年破壊されたオリュントスの住居跡からも浴室が発見されており,ヘレニズム時代のデロス,ゲラGela(シチリア島)にも浴場施設があった。 浴場が一般化し市民のあいだでその重要性が増すのは,前2世紀のイタリア半島においてである。…

※「オリュントス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone