オリョール州(読み)オリョール(英語表記)Orël

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オリョール〔州〕
オリョール
Orël

ロシア西部の州。州都オリョールモスクワ南方,中央ロシア高地中部に位置し,広い河谷で分断された波状丘陵からなる。大部分がオカ川上流域に属するが,東部はドン川流域に入る。混合樹林地帯と森林ステップ地帯の境界にあるが,森林は大部分伐採されてしまった。鉄鉱石,リン灰石,褐炭などの地下資源がある。住民の約半数が農村に居住し,穀物を中心にアサ,テンサイ,ジャガイモなどを栽培し,畜産も盛ん。工業部門では機械(食品工業用設備,繊維工業用設備,トラクタ部品,時計),食品,製靴などが主で,オリョール,リブヌイその他の小都市に立地している。州内交通はオリョールを中心に延びる鉄道とハイウェーにより,河川交通はあまり発達していない。面積 2万4600km2。人口 84万2351(2005推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android