オルホン[川](読み)オルホン

世界大百科事典 第2版の解説

オルホン[川]【Orkhon ghol】

モンゴル高原北部を流れる川。ハンガイ山脈東部に発し,タミル川,トラ川などを合わせて,セレンガ川に合流する。長さ1124km。流域面積約1328km2。流域は山岳森林ステップであり,モンゴル有数の良好な牧地を含むため,古来,突厥(とつくつ),ウイグル,モンゴルなどが建てた遊牧国家の根拠地が置かれた。現在モンゴルでは,この川の水を農地の灌漑のほか,水力発電にも利用している。【吉田 順一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android