コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルミュッツ協約 オルミュッツきょうやく

百科事典マイペディアの解説

オルミュッツ協約【オルミュッツきょうやく】

1848年革命後ドイツ内の主導権を争ったプロイセンとオーストリアが1850年オルミュッツ(現チェコのオロモウツ)で結んだ協約。プロイセンはオーストリアの要求に屈して小ドイツ主義的なドイツ連盟計画を放棄。そのために〈オルミュッツの屈辱〉と呼ばれた。
→関連項目フリードリヒ・ウィルヘルム[4世]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

オルミュッツ協約の関連キーワード一八四八年の革命三月革命マルクス1848年の革命と自由戦争記念日労働者友愛会ガルニエ=パージェスアウスグライヒウィーン蜂起革命カッタネオ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android