オルミュッツ協約(読み)オルミュッツきょうやく

百科事典マイペディアの解説

オルミュッツ協約【オルミュッツきょうやく】

1848年革命後ドイツ内の主導権を争ったプロイセンとオーストリアが1850年オルミュッツ(現チェコのオロモウツ)で結んだ協約。プロイセンはオーストリアの要求に屈して小ドイツ主義的なドイツ連盟計画を放棄。そのために〈オルミュッツの屈辱〉と呼ばれた。
→関連項目フリードリヒ・ウィルヘルム[4世]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android