コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルリー空港 オルリーくうこう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オルリー空港
おるりーくうこう
Aroport de Paris-Orly

フランス、パリ郊外、都心部より南南東約14キロメートル、オルリーにある国際空港。第一次世界大戦時の軍用飛行場に始まり、1946年、パリの国際空港として拡張整備されて開港した。長さ3650メートル、3320メートル、2400メートルの3本の滑走路がある。1974年のシャルル・ドゴール空港開港後は、大陸間路線の大部分とヨーロッパ大陸内路線の一部をこれに移し、現在は主として大陸内と中近東、アフリカ、カリブ海路線の発着空港として用いられている。年間発着回数は23万0500回、年間利用客数2720万人(2012)。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オルリー空港の関連キーワードディズニーランドパリ現金に手を出すなル・ブルジェ空港バルドマルヌ県ポール ベルナヌレーエフ都市交通ヌレエフランジスベルナ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オルリー空港の関連情報