コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オンラインストレージ オンライン ストレージ

5件 の用語解説(オンラインストレージの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

オンラインストレージ

インターネット経由でサーバー上の記憶領域を貸し出すサービスインターネットに接続する環境があれば、ハードディスクと同じようにファイルコピーや削除などが自由に行えるので、自宅と会社のパソコンで使いたいファイルの保存先や、バックアップ、共有などに使われる。サービスは有料と無料のものがあり、前者ではアップルが提供する「iDisk」やジャストシステムが提供する「InternetDisk」、後者ではマイクロソフト社の「SkyDrive」が有名。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

オンラインストレージ

インターネットを介し、ユーザーデータを保管する領域を提供するサービス。外出先から自宅のデータを取得したり、パソコンのデータをバックアップしたりするのに使われる。通常は有料だが、無料サービスもある。欠点は、インターネットを経由するため、データのコピーや呼び出しに時間がかかること。

(斎藤幾郎 ライター / 西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オンライン‐ストレージ(on-line storage)

インターネットを通じて、データを保管するためのディスクスペースを貸すサービスのこと。クラウドサービスであることを特に強調する場合、クラウドストレージとよぶことがある。ネットストレージ。ストレージサービス。ファイルホスティングサービス。サイバーロッカー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

オンラインストレージ【online storage】

各種データを保存するためのディスクの空き領域をインターネットを通じて貸し出すサービス。有料のものと無料のものがあり、後者では利用時に広告を表示したり、利用できる容量に制限があったりする。自宅・職場・外出先で同じファイルを利用できるほか、複数の利用者によるデータの共有も可能。◇「ネットストレージ」「オンラインストレージサービス」「ストレージサービス」「ファイルホスティングサービス」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オンラインストレージ
おんらいんすとれーじ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オンラインストレージの関連キーワードインターネット博覧会オンラインストレージサービスボットネットインターネット・マーケティング・リサーチインターネットナンバープリンターサーバールートサーバーインターネットスラングさくらインターネット

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オンラインストレージの関連情報