コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーバー・ストア over store

1件 の用語解説(オーバー・ストアの意味・用語解説を検索)

流通用語辞典の解説

オーバー・ストア【over store】

特定地域の消費購買力に対してその地域の小売店舗面積が適正規模を超えている状態をいう。オーバー・ストアの明確な基準はないが、一般的には小売店舗面積1平方メートル当たりの行政人口が類似都市のそれを大きく上回った状態において使われることが多い。オーバー・ストアということばが出てきた背景には、大手スーパーなどの急激な店舗展開により、特定都市に集中的に何店もの大型店が出店したり、人口規模の小さな地方都市に大型店が出店したりすることによって、地元の中小小売業の経営に大きな影響を与えるという事態の発生があり、次第に注目されるようになった。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
流通用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オーバー・ストアの関連情報