コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過当競争 カトウキョウソウ

デジタル大辞泉の解説

かとう‐きょうそう〔クワタウキヤウサウ〕【過当競争】

同業の企業市場占有率を拡大しようとして起こる過度の競争状態。価格が引き下げられ、正常以下の利潤しか得られない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かとうきょうそう【過当競争 excessive competition】

経済学の概念として過当競争を定義することは一般的には困難である。というのは,いかなる状態を〈過当〉というかについて意見の一致をみることが不可能といってよいからである。もしこれに対応する,経済学で用いられる概念を求めれば,それは〈破滅的競争cut‐throat competition〉と呼ばれる状態になろう。もし市場が競争的であるときには,市場の均衡状態では価格は限界費用に一致するが,収穫逓増産業では限界費用は平均費用を下まわる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かとうきょうそう【過当競争】

多数の同業種企業間の、適正な水準を超えた激しい経済競争。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

過当競争
かとうきょうそう
excessive competition

一般に市場(しじょう)における競争が度を越している状態をいうが、とくに企業間競争についていうことが多い。どこまでが適正でどこからが過当かについては、明確な基準はなく、状況的に判断するしかない。日本で過当競争が顕著とされるのは、次の3分野である。第一は、主として大企業相互間で行われるマーケット・シェア(市場占有率)の維持、拡大のための競争であり、これが設備投資競争や販売合戦を生み出す。価格引下げや製品開発のような利点もあるが、重複投資のような欠点も小さくない。第二は、中小企業相互間で行われる生存競争で、目先の利益のために低い生産条件と労働条件を競い合い、共倒れ的現象に陥る状態をいう。第三は、外国市場に対する輸出競争であり、とくに国内市場が不況になると、活路を外国市場に求める集中豪雨型の出血安売り輸出が多くなり、貿易摩擦の原因となる。自由主義経済をとる限り、過当競争の可能性はなくならない。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

過当競争の関連キーワードオーダリー・マーケティング特定産業振興臨時措置法案タクシー規制を巡る訴訟レールム・ノバールムover store産業競争力強化法メディアスクラム総合評価落札方式チェックプライスコスモ石油(株)南洋材輸送協定ワンセット主義モラルハザードタクシー減車法輸出入カルテル輸出入取引法ラットレース東インド会社橋本 鑒三郎二重価格表示

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

過当競争の関連情報