コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オープラトー Hauts Plateaux

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オープラトー
Hauts Plateaux

アルジェリアのアトラス山脈中の高原。テルアトラス (アトラステリエン) 山脈と内陸のサハラアトラス山脈の間の高原で,モロッコ国境から東のホドナ塩湖 (ショットエルホドナ) までの約 640kmの間,約 5200万 km2を占め,標高 1000~1200m。起伏の多い乾燥したステップ状の高原で,年降水量は地域によって異なるが,最大 500mm前後。塩分のある沼沢地が多く,シェルギ塩湖 (ショットエシュー) は約 200万 km2の面積をもつ。気温の日較差と年較差が激しい。オリーブ,マスチック (乳香樹) ,ヤシなどが生え,灌漑可能なところに穀類が栽培されるほかは農業はふるわず,遊牧が行われ,人口密度はきわめて低い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オープラトーの関連キーワードティアレト県トレムセン県シェリフ川ティアレトホドナ湖サイダ県オラン県メデア県

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android