コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーボエ・ダモーレ オーボエダモーレ

百科事典マイペディアの解説

オーボエ・ダモーレ

オーボエ属の木管楽器。バロック時代に作られ,J.S.バッハらも用いた。管の下方にふくらみがあり,音域も通常のオーボエよりも低いメゾ・ソプラノである。1720年ころ誕生したとされ,音色が他のオーボエ属より柔らかく甘美なので〈愛のオーボエoboe d'amore〉の名がついた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のオーボエ・ダモーレの言及

【オーボエ】より

…例えばバッハの諸作品に,チャイコフスキー《白鳥の湖》の前奏曲に,シューベルトの《未完成交響曲》に美しい旋律を聞くことができる。 オーボエ族の楽器に,短3度低いA管で,現在移調楽器として使われるオーボエ・ダモーレoboe d’amore,イングリッシュ・ホルン,バリトン・オーボエ(オーボエの2倍の大きさで音域が1オクターブ低い),ソプラノ・オーボエ(短3度高いEs管),コントラバス・オーボエ(標準より1オクターブと5度低いF管),バッグパイプの一種ミュゼットmusette(標準より5度高いG管)があげられる。【北爪 利世】。…

※「オーボエ・ダモーレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オーボエ・ダモーレの関連キーワードオーボエ[oboe / ob]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android