コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木管楽器 もっかんがっきwoodwind instruments

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木管楽器
もっかんがっき
woodwind instruments

木や竹の類で作り,息を吹込んで鳴らし,指孔を押えて,高低の音を変化させる管楽器。日本の横笛などに代表されるの類をさす。現在は金属プラスチックなどで作られるものも多いが,金属で作る場合でも発音機構が金管楽器とは異なる。管内の音振動を起させる方法によって次のように分けられる。 (1) リード (簧) を使わないもの フルートピッコロ尺八,篠 (しの) 笛,雅楽や神楽に使う横笛。 (2) 1枚のリードを使うもの クラリネットサクソフォーン,笙 (しょう) 。 (3) 2枚のリードを使うもの オーボエファゴット (バスーン) ,篳篥 (ひちりき) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

木管楽器【もっかんがっき】

管楽器の一種。西洋の音楽用語で,木材製の意であるが,フルート,サクソフォーンなど現在は金属製になっているものも含む。管には管側孔をあけ,これを指で開閉することによって管の実効長を変え必要な音を得る。
→関連項目イングリッシュ・ホルンオーボエ・ダモーレ楽器管弦楽コントラファゴットサリュソホーン吹奏楽団ディジェリドゥーバセットホルンピッコロ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もっかんがっき【木管楽器 woodwind instruments】

西洋の芸術音楽の用語で,管楽器のうち可視的な振動体をもたないもの(フルートの類)と,リードを用いて鳴らすものとの総称。もとは金管楽器に対して木製の楽器のことであったが,現在では実際の材質にかかわらず,発音機構から〈木管〉と〈金管〉を区別している。たとえば,現代型フルートとかサクソフォーンなどが,金属製であることを原則としているのに〈木管〉の仲間とされるのはそのためである。〈木管〉と〈金管〉との間には,音の性格や運動能力などの違いがあり,両者の対立的分類は西洋の音楽文化の流れの中で,それなりの必然性があったといえよう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

もっかんがっき【木管楽器】

木材を材料として作られた管楽器の総称。現在では金属製のものも多いが、その起源・構造から木管楽器に分類する。フルート・クラリネット・オーボエなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木管楽器
もっかんがっき
woodwind instrument英語
Holzblasinstrumentドイツ語
instrument vent en boisフランス語
strumento di legnoイタリア語

概括的には、木を材料とした管楽器の総称だが、木製ではない木管楽器も少なくない。たとえば、フルートは元来木製だったが、現在使われているのは金属製のものが圧倒的に多い。サクソフォーンは発明当初から金属製だが、発音にリードを用いているため、木管楽器に含められる。他の楽器でも、合成樹脂や金属でつくられたものが少なくない。木管楽器は、リードによって発音されるものと、フルートのようにエッジ音によるものとに大別でき、前者はさらに、シングル・リード(単簧(たんこう))のものとダブル・リード(複簧)のものとに分けられる。しかし、それぞれのなかでも、たとえば、単簧のクラリネットとサクソフォーン、複簧のオーボエとファゴットなどでは、かなり性格が異なっており、金管楽器と比べて「木管楽器」の名の下での統一感は乏しい。[前川陽郁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の木管楽器の言及

【管楽器】より

…(3)はいわゆるらっぱ類で,唇がリードの働きをするので,リップ・リードなどともいう。西洋では(1)と(2)の方式の楽器を指して木管楽器,(3)を金管楽器と呼ぶ習慣があり,実際の材質とときに不一致のまま行われている。管楽器のピッチを決定するのは管の長さと内部における空気の振動様式(開管または閉管)である。…

※「木管楽器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

木管楽器の関連キーワードバス・クラリネット[bass clarinet / Bass Cl.]ウィンド・シンセサイザー[wind synthesizer]イングリッシュホルンヘッケルフォーンオーボエダモーレダブルバスーンフラジオレットシャリュモークルムホルンシャーナーイバラバーンスールナイサキソホンランケットドゥドゥクリコーダー自励振動吹奏楽器ショーム起源

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木管楽器の関連情報