コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーム性接触 オームセイセッショク

デジタル大辞泉の解説

オームせい‐せっしょく【オーム性接触】

異種の導体や半導体の接触部分において、電圧の大きさや電流の方向によらず、抵抗値がオームの法則に従うこと。一般には、導体と半導体の間に整流作用を持つ障壁が形成されるが、それが見られないものを指す。オーミック接触

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

オーム性接触の関連キーワードドレインオーム異種

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android