オールト定数(英語表記)Oort's constant

百科事典マイペディアの解説

オールト定数【オールトていすう】

太陽系近傍の恒星の視線速度および固有運動の観測から,銀河系の回転速度を導き出すための定数。1927年オランダのJ.H.オールトが導入。太陽近傍の星の視線速度V(/r)と固有運動μ(/l)は,太陽からの距離と銀経をそれぞれr,lとするとV(/r)=Arsin2l,μ(/l)=B+Acos2lで表され,AとBをオールト定数という。A−Bが太陽の銀河回転角速度を与え,これに太陽から銀河中心までの距離をかければ太陽近傍における銀河回転速度が得られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オールトていすう【オールト定数 Oort constants】

太陽近傍の恒星の視線速度および固有運動の観測から,銀河系の回転を導くために,1927年オランダの天文学者J.H.オールトによって導入された定数。太陽を含む大恒星集団としての銀河系は,その重心のまわりに回転することによって平衡を保つ。銀河面内の星や星間ガスは,銀河中心のまわりにほぼ円運動を行っており,そのような運動を行う太陽近傍星の視線速度Vr,固有運動μlを観測すると,それらは星々の太陽からの距離rと銀経lに依存して次のように変化する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android