コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイオワ族 カイオワぞくKiowa

翻訳|Kiowa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイオワ族
カイオワぞく
Kiowa

北アメリカインディアンの一民族で,タノ語群に属する言語を話し,大平原南部に住む。人口約 3000と推定される。ティピー (テント) による典型的移動生活を行う平原インディアンで,農耕はせず,ウマに乗って勇壮な野牛狩猟を行なった。かつては7つのバンドに分れていたことが知られる。 10個の呪物の束を守護神として太陽踊りの中心に置き,また幻覚剤としてサボテンを用いるペヨーテ儀礼を行なった。 1832~1939年まで民族の出来事を年2回,皮に描いて暦として残し,彼らの歴史を語り伝えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のカイオワ族の言及

【アメリカ・インディアン】より

…そして,バイソンが最も特徴的な大型動物であった。 この領域のおもな原住民はクロー族シャイアン族,カイオワ族などであるが,伝統的には河岸段丘の上で小規模な農耕を行い,季節的には野生植物の採集を行った。また,徒歩によるバイソンの狩猟も行われていた。…

※「カイオワ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カイオワ族の関連キーワードアメリカインディアン音楽北アメリカインディアンフィッツパトリックリパン族

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android