コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイラ Kaira

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイラ
Kaira

別称ケダ Kheda。インド西部,グジャラート州中東部の町。アーメダバードの南約 32kmに位置。カンベイ湾に注ぐサバルマティ川下流の沖積平野にあり,周辺は水田地帯。開発は古く5世紀にはすでにこの地方の中心地であった。 1763年マラータ王国,1803年イギリスの支配下に入った。農産物の集散のほか,綿工業,染色,ガラス工業,印刷などが行われる。人口2万 1798 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カイラの関連キーワード田辺市龍神ごまさんスカイタワースカイラーク対デュケーヌヴァレロンのスカイラークスカイライトフィルターナラシンハバルマン2世スカイラーク・シリーズピッチ・パーフェクトカラウィーン・モスク奈良県生駒市菜畑町宇宙のスカイラーク成田スカイアクセスカイラーサナータ寺ガンディセ[山脈]吾妻高湯[温泉]スカイラーク3号クロックストーン群馬県渋川市金井ジャンヌ・ダルクジョン ベネットスカイラブ計画

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カイラの関連情報