カイラ(英語表記)Kaira

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイラ
Kaira

別称ケダ Kheda。インド西部,グジャラート州中東部の町。アーメダバードの南約 32kmに位置。カンベイ湾に注ぐサバルマティ川下流の沖積平野にあり,周辺は水田地帯。開発は古く5世紀にはすでにこの地方の中心地であった。 1763年マラータ王国,1803年イギリスの支配下に入った。農産物の集散のほか,綿工業,染色,ガラス工業,印刷などが行われる。人口2万 1798 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カイラの関連情報