コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイラ Kaira

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイラ
Kaira

別称ケダ Kheda。インド西部,グジャラート州中東部の町。アーメダバードの南約 32kmに位置。カンベイ湾に注ぐサバルマティ川下流の沖積平野にあり,周辺は水田地帯。開発は古く5世紀にはすでにこの地方の中心地であった。 1763年マラータ王国,1803年イギリスの支配下に入った。農産物の集散のほか,綿工業,染色,ガラス工業,印刷などが行われる。人口2万 1798 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カイラの関連キーワード田辺市龍神ごまさんスカイタワーヴァレロンのスカイラークスカイラーク対デュケーヌマーナサローワル[湖]スカイラーク・シリーズナラシンハバルマン2世スカイライトフィルターカラウィーン・モスクピッチ・パーフェクト成田スカイアクセス奈良県生駒市菜畑町宇宙のスカイラークカイラーサナータ寺ガンディセ[山脈]ジョン ベネットスカイラーク3号クロックストーンジャンヌ・ダルク群馬県渋川市金井カンリンボチェ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カイラの関連情報