コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンベイ湾 カンベイわん Gulf of Cambay

2件 の用語解説(カンベイ湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンベイ湾
カンベイわん
Gulf of Cambay

インド西部,グジャラート州カティアワール半島ムンバイボンベイ)の間を北方へ湾入するアラビア海の入海。湾口のディウダマン間は 190kmであるがしだいに狭くなり,湾奥では幅 24kmとなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンベイ湾
かんべいわん
Gulf of Cambay

インド西部、グジャラート州東部、カーティアワール半島インド半島の間にあり、アラビア海に面する湾。南北208キロメートル、東西24~190キロメートル。北のアラバリ山脈からサバルマティ川、マヒ川、東のデカン高原からナルマダ川タプティ川が流入し、沿岸に広大なデルタが形成されている。湾内は干潟が広がり、湾口には4列からなる深さ9メートル以浅のマラッカバンク群、湾奥にもマル・バンク、マクラ・バンクとよばれる海底砂州の発達が著しい。最深部は44メートル。カンベイ、スーラトバウナガルが主要港である。[成瀬敏郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カンベイ湾の関連キーワードグジャラート語ジャームナガルダマンバルーチグジャラートラージコートグジャラート[州]バーオナガルグジャラーティー語グジャラーティー文字

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone