コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーメダバード アーメダバードAhmadābād

4件 の用語解説(アーメダバードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーメダバード
アーメダバード
Ahmadābād

インド西部,グジャラート州中東部の綿工業都市。 1970年まで州都。アーメダバード県の行政庁所在地カンベイ湾に注ぐサバルマティ川に面する。 1411年グジャラート王国のアフマド・シャーの時代に建設され首都となったが,1572年ムガル帝国に併合,1818年イギリス領となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アーメダバード(Ahmedabad)

インド西部、グジャラート州の工業都市。15世紀初め、同地方を治めたスルターン、アフマド=シャー1世が建設した城塞都市に起源する。英国統治時代より綿織物工業が盛ん。1915年にガンジー南アフリカから帰国し、インド独立運動の拠点を置いた。アーマダバードアフマダーバード。人口、行政区352万(2001)、都市圏453万(2001)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

アーメダバード【Ahmedabad】

インド中西部の都市。綿工業が盛ん。一五、六世紀、グジャラート王朝の首都。アーマダバード。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アーメダバード
あーめだばーど
Ahmedabad

インド北西部、グジャラート州中部にある旧州都で綿工業都市。アーマダバードともいう。人口351万5361(2001)。カンベイ湾に注ぐ同州最大のサーバルマティ川の河口から約75キロメートル上流、グジャラート平原の中央に位置する。インド綿工業発達史上ムンバイボンベイ)と並ぶ創業地で、19世紀後半にはインドマンチェスターとよばれるまでに発達した。人口は全国第6位で、製造業に従事する者の比率が高い。
 1411年イスラム教徒のアーマド・シャー1世が城郭を築き、1573年にムガル帝国のアクバル帝に征服されるまで、グジャラート国の首都として栄えた。1753年、地方豪族のガーイクワール家はマラータ勢力と手を結んで反乱を起こし、ムガル帝国の支配を断ち切った。1818年にはマラータ勢力も衰退し、かわってイギリスの支配下に入った。1861年に地元民族資本による綿紡績工場が創業され、1864年ムンバイとの間に鉄道が開通すると、綿紡績工場の集積が急速に進み、1914年には49工場で約3万3000人の従業者を抱えるまでになった。こうした民族資本の興隆を背景に、1915年南アフリカから帰国したマハトマ・ガンディーがこの地に反英独立運動の本拠を定めた。
 市内にはイスラム寺院や歴代王侯の墓所も多い。1432年の建立とされるジャマ・マスジッドは、東洋でもっとも華やかなモスクの一つといわれる。また、ガンディーにより創設されたアーメダバード大学も特異な存在である。ポルとよばれる一定の囲いをもつ珍しい集団住宅地があるが、これは工業労働者の急激な流入の結果、形成されたものである。[中山修一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アーメダバードの関連情報