コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カウシャーンビー Kauśāmbī

世界大百科事典 第2版の解説

カウシャーンビー【Kauśāmbī】

前8~前6世紀ころに北インドに栄えた十六大国の一つバッツァ国の都。漢名は憍賞弥。ガンガー(ガンジス)川中流域と西部および中央インドを結ぶ当時の交通路結節点にあたり,同国はマガダ国などとともに四強国の一つであった。ウッタル・プラデーシュ州南東部のアラーハーバード西方約60kmのコサム村付近にあてられ,ヤムナー川に面する。かつての都城の跡が残り,その最古層は前7世紀にさかのぼる。ブッダもここを訪れ,滞在したこともある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカウシャーンビーの言及

【インド美術】より

…インダス文明の崩壊後永らく耐久材を用いた建築は見られず,歴史時代に入ってガンガー(ガンジス)川流域に都市が形成されるとともに煉瓦や石による構築物が再び出現する。カウシャーンビー(現,コーサム)に代表されるように,それらの都市はおおむね河畔に発達し,周囲に濠や城壁を備えていることが多い。ラージャグリハ(王舎城。…

※「カウシャーンビー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カウシャーンビーの関連キーワードバッツァ王国

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android