カウフボイレン(英語表記)Kaufbeuren

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カウフボイレン
Kaufbeuren

ドイツ南東部,バイエルン州の都市。ミュンヘンの西南西約 80kmのウェルタハ川沿いにある。起源は9世紀頃とされるが,1220年頃都市権を獲得。 86年に帝国都市になり,1803年バイエルンに編入。ゴシック様式の聖ブラシウス礼拝堂 (1518) や聖マルチウス聖堂 (1443) などのほか,中世以来の囲壁や塔も部分的に残存。毎年催される子供の舞踊祭には,1497年以来の伝統がある。酪農の盛んなアルゴイ地方の酪製品取引の中心地で,繊維,ガラス器製造,醸造,印刷などの工業も行われる。人口4万 432 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android