コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝国都市 ていこくとし Reichsstädte

2件 の用語解説(帝国都市の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帝国都市
ていこくとし
Reichsstädte

中世における皇帝直属のドイツ都市。領邦君主 (諸侯) に属する領邦都市 Landesstädteと区別される。帝国都市の起源はカロリング朝時代の王宮都市であるが,フリードリヒ2世 (在位 1215~50) の時代に地方領主から分離して帝国自体に属するという観念が確立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帝国都市
ていこくとし
Reichsstadtドイツ語

ヨーロッパ中世後期以降、神聖ローマ帝国において、皇帝ないし帝国に直属した都市。もともと領邦都市(領邦君主の支配権に服する都市)と対(つい)をなす概念で、後者に比べ大幅な自立性を有した点が特色であり、そのため帝国都市はしばしば自由都市と同義語とされるが、すべての帝国都市が自由都市になったのは、近世に入ってから、とりわけウェストファリア条約(1648)以降である。中世後期において真に自由都市の名に値したのは、かつての司教座都市が、司教の都市支配権を排除するなかで都市の自治と自由を戦い取り、その特権を皇帝から承認を受けた一部の帝国都市に限られていた。帝国都市は、帝国の構成員として帝国議会に代表を送ることが、大空位時代以降しだいに慣行化し、1498年以降、世俗諸侯、聖界諸侯と並んで、帝国議会内で第三部会を形成するようになった。[平城照介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の帝国都市の言及

【自由都市】より

…これらは,バーゼル,ケルン,シュトラスブルク(ストラスブール),ウォルムスなど司教都市に多い。旧来の帝国都市Reichsstadtが負っていた皇帝にたいする軍役・貢納義務からも解放されており,したがってその法的地位は帝国都市のそれよりまさっていた。しかし有力な帝国諸都市との区別は明確でなく,両者はしばしば自由帝国都市freie Reichsstadtとして一括されることとなる。…

※「帝国都市」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

帝国都市の関連キーワード官房学ドイツ帝国ペルロンランデスヘルシャフトリューベック領邦国家皇帝直属官房皇帝直属官房第三部《ドイツ法学におけるユダヤ人》領邦君主

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone