コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カウンター・パーチェス counter purchase; CP

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カウンター・パーチェス
counter purchase; CP

輸出を行なう際に相手国の製品を購入することを指し,見返り輸入ともいう。プラントなど大型商品の輸出の際に行なわれ,その契約は輸出契約と別建てにするのが原則となっている。また輸出額に対する CP額の比率 (CP比率) は,一般的には 50%前後とされるが,100%や 100%を超えるケースもまれにはある。 CPは外貨不足状態にある東欧諸国で従来から多く行なわれているが 1981年にインドネシアが原油販売不振から一部採用し,義務づけたのに続き中近東諸国も実施するようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カウンター・パーチェスの関連キーワードカウンターパーチェス

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android