コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カオリーコンシャン(高黎貢山)山脈 カオリーコンシャンさんみゃくGaoligong shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カオリーコンシャン(高黎貢山)山脈
カオリーコンシャンさんみゃく
Gaoligong shan

中国南部のユンナン (雲南) 省とミャンマーとの国境にある南北方向の山脈。ホントワン (横断) 山脈の西端にあたる。ヌー (怒) 江 (タンルウィン川の上流) とエイヤーワディ川上流との分水界をなし,谷は深く下刻されている。野生動物が多く,また漢方薬材が豊富である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カオリーコンシャン(高黎貢山)山脈の関連キーワードデホン(徳宏)タイ族チンポー(景頗)族自治州ヌーチヤン(怒江)リス族自治州パオシャン(保山)地区チエンカオ(尖高)山ヌー(怒)江

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android