コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシカダリヤ州 カシカダリヤKashkadar'ya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カシカダリヤ〔州〕
カシカダリヤ
Kashkadar'ya

ウズベキスタン南部の州。州都カルシー。アムダリア中流部右岸,カシカダリヤ (川) の流れるカルシーステップにある。年降水量 200mm以下の乾燥地帯で,降雨はおもに冬季にみられる。住民の半数以上は農村居住者で,川に沿った灌漑地帯で綿花を主作物に,穀物,果樹の栽培と養蚕を行なっている。西部の半砂漠地帯ではカラクール種のヒツジの放牧がみられる。綿花の栽培面積は 1970年代初めの灌漑用水路の延長により大幅に増大している。天然ガスの採取が盛んで,北西部のムバレク,ミルダシがその産地である。工業では綿花洗浄,農産物加工のほか,伝統的な工芸品 (帽子,壁掛け) の生産が行われている。ブハラ,サマルカンドと連絡するハイウェー,カルシーを中心に放射状に延びる鉄道が主要交通機関である。面積2万 8400km2。人口 169万 7700 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カシカダリヤ州の関連キーワードシャフリサブズ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android