コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシノシマメイガ(菓子縞螟蛾) カシノシマメイガ Pyralis farinalis

1件 の用語解説(カシノシマメイガ(菓子縞螟蛾)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カシノシマメイガ【カシノシマメイガ(菓子縞螟蛾) Pyralis farinalis】

鱗翅目メイガ科に属する昆虫で,幼虫が家屋内で貯蔵穀,ビスケットのような菓子類,デンプン,干果など乾燥食品を食害する(イラスト)。幼虫は食餌や自分の糞をつづって巣をつくり,その中にすんで食害するが,老熟すると室内の隙間などで繭をつくり,その中で蛹化(ようか)する。年に2回くらい発生し,老熟幼虫で越冬する。成虫の発生は一定していないが,初夏から秋にかけて出現し,昼間は壁面などに翅を開いて静止し,その際,腹部を背面に曲げて,きわめて特異な姿勢をしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カシノシマメイガ(菓子縞螟蛾)の関連キーワードカイココバチヒメカツオブシムシ鱗翅類小菜蛾尺蛾毒蛾螟蛾スジマダラメイガノシメマダラメイガ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone