コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシュガーイー族 カシュガーイーぞくQashqā’ī

世界大百科事典 第2版の解説

カシュガーイーぞく【カシュガーイー族 Qashqā’ī】

イラン南西部ファールス地方にいるトルコ系部族。11世紀前半にアゼルバイジャンに侵入したトルクメン系遊牧民のうちイラン高原中央部を経てファールス地方に移動していったものの後裔であろうといわれる。言語はアゼルバイジャン語と親縁関係をもつ。部族名はサファビー朝期にシャー・アッバース(在位1587‐1629)からファールス地方の諸部族の支配をゆだねられたジャーニ・アーガー・カシュガーイーJāni Āqā Qashqā’ī将軍に由来する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カシュガーイー族の関連キーワードハムセ族

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android