コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシュガーイー族 カシュガーイーぞく Qashqā’ī

1件 の用語解説(カシュガーイー族の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カシュガーイーぞく【カシュガーイー族 Qashqā’ī】

イラン南西部ファールス地方にいるトルコ系部族。11世紀前半にアゼルバイジャンに侵入したトルクメン遊牧民のうちイラン高原中央部を経てファールス地方に移動していったものの後裔であろうといわれる。言語はアゼルバイジャン語と親縁関係をもつ。部族名はサファビー朝期にシャー・アッバース(在位1587‐1629)からファールス地方の諸部族の支配をゆだねられたジャーニ・アーガー・カシュガーイーJāni Āqā Qashqā’ī将軍に由来する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カシュガーイー族の関連キーワードビュルム氷期ペルシア帝国バルチスタンホラズム朝サーファールックトランスファープライスファーラビーファールンファール岩スタンディングファースト

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone