コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシューアップル カシューアップルcashew apple

デジタル大辞泉の解説

カシュー‐アップル(cashew apple)

カシューの花柄(かへい)が西洋ナシ形にふくらんだもの。多汁で、生食のほか、ジャム砂糖菓子清涼飲料などに用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

カシューアップル

 カシューナッツの果実.堅い殻に包まれた種子の中の仁もカシューナッツといわれ食用になる.脂質,タンパク質に富む.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

カシューアップル【cashew apple】

カシューノキの花柄が肥大した部分。果実酒・ジャムの原料、アイスクリームの味付けに用いられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のカシューアップルの言及

【カシューナッツ】より

…果肉から採れる暗褐色の油は粘性のある乾性油で,耐水性の塗料などに利用される。花梗が肥大した部分はカシューアップルと呼ばれ,酸性があり,生食や焼いて食べるほか,ジャムをつくる。また,樹幹から採取される樹脂は防虫性があるといわれ,製本や木工に利用される。…

※「カシューアップル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone