コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カステロリゾン島 カステロリゾンとうNísos Kastellórizon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カステロリゾン島
カステロリゾンとう
Nísos Kastellórizon

カステロリゾ Kastellórizoともいう。ギリシア南東端にあたる地中海東部にある島。ドデカニソス諸島に属し,その主島ロドス島の東約 140km,トルコ南岸に近接して位置する。 1912年ドデカニソス諸島の他の島々イタリアに占領されたときにはその占領を免れたが,第1次世界大戦中フランスに占領され,戦後トルコからイタリアへ割譲された。 47年ギリシア領。主産業は海綿採取で,ほかにブドウオリーブなどが栽培される。面積 9km2。人口 222 (1981) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カステロリゾン島の関連キーワードピラフムザッファル朝ムザッファル朝リエゾン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android