カステロリゾン島(読み)カステロリゾンとう(英語表記)Nísos Kastellórizon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カステロリゾン島
カステロリゾンとう
Nísos Kastellórizon

カステロリゾ Kastellórizoともいう。ギリシア南東端にあたる地中海東部にある島。ドデカニソス諸島に属し,その主島ロドス島の東約 140km,トルコ南岸に近接して位置する。 1912年ドデカニソス諸島の他の島々イタリアに占領されたときにはその占領を免れたが,第1次世界大戦中フランスに占領され,戦後トルコからイタリアへ割譲された。 47年ギリシア領。主産業は海綿採取で,ほかにブドウオリーブなどが栽培される。面積 9km2。人口 222 (1981) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android