コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カストナー法 カストナーほうCastner process

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カストナー法
カストナーほう
Castner process

1886年に H.カストナーが考案した金属ナトリウム製造法。水酸化ナトリウム (カセイソーダ) を約 340℃で溶融して電気分解すると,陰極室でナトリウムと水素,陽極室で酸素を生成する。操作温度の低い利点はあるが,電流効率が低く (約 40%) ,現在はあまり採用されていない。カストナーの食塩水電解法もあるが,カストナー法といえば前者をさす。 (→ダウンズ法 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のカストナー法の言及

【シアン化ナトリウム】より

…水溶液は空気または酸素の共存で金および銀を溶解し,シアノ錯塩をつくる。 工業的には,溶融ナトリウムに300~400℃でアンモニアを作用させてナトリウムアミドをつくり,これを炭素と反応させてナトリウムシアナミドとし,さらに700℃に熱してシアン化ナトリウムに変える(カストナー法Castner process)。シアン化水素酸と水酸化ナトリウムの作用でもつくられる。…

※「カストナー法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カストナー法の関連キーワードシアン化ナトリウム

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android