コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスライン県 カスラインAl-Qasrayn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスライン〔県〕
カスライン
Al-Qasrayn

チュニジア中西部の県。高原ステップ地帯に位置する。ヒツジやウシの飼育と,灌漑地で穀物が生産される。主要都市は県都カスラインのほか,ターラ,スベイトラ,フェリアナで,スベイトラとカスラインの近くにはローマ時代の遺跡がある。面積 8066km2。人口 34万 5700 (1989推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android