コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スベイトラ Sbeitla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スベイトラ
Sbeitla

チュニジア中央西部,カスラインの東北東 31kmに位置した古代ローマの都市スフェトゥラ遺跡。起源は,1世紀初めのヌミディア人の反乱に対する遠征中の城塞としてつくられたもので,それ以後ローマの自由市,次いで2世紀後半には植民地となった。限られた水を有効に利用するローマ人の技術によって,この地方はオリーブを中心とした農業地帯となったが,ローマ時代以後は衰微した。この町は,646年頃アラブ人により破壊され,現在ではアントニヌス・ピウス凱旋門や神殿の遺跡が残されているにすぎない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スベイトラ(Sbeïtla)

チュニジア中部にある町。古代ローマ時代の都市遺跡スフェトゥラがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

スベイトラの関連キーワードカスライン県ヌミディア

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android