コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスライン(英語表記)Al-Qasrayn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスライン
Al-Qasrayn

チュニジアの中西部,カスライン県の県都。重要な市場があり,道路,鉄道の分岐点。灌漑農業が盛んであり,オリーブ生産やペーパーパルプの製造が行われる。北西へのカスライン峠は,第2次世界大戦のときのチュニジア大会戦の戦場。人口5万 9767 (1989推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android