コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスール Kasūr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスール
Kasūr

パキスタン北東部,パンジャブ州,ラホール県にある都市。州都ラホールの南南東 50km,インドとの国境に接する地点に位置する。インド領アムリッツァルに通じる鉄道,および幹線道路があって,古くから東西パンジャブ地方を結ぶ交易中継地として繁栄。重要な軍事拠点の一つであり,ラホール-カラチ間の鉄道の主要駅となっている。住民の大半はムガル帝国終末期にインダス川東岸地区より移住してきたパターン族で,主として製革,革加工業などを営み,交易に従事してきた。いまでもパキスタン有数の皮革生産地域。人口 15万 5523 (1981) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android