コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタミロナイト katamylonite

1件 の用語解説(カタミロナイトの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

カタミロナイト

粗粒の片麻岩の中の細粒の帯(band)に与えた名称で,広域の浸透作用で形成されたと考えられる.この帯は高温における圧砕作用の結果とされる[Waldman : 1927].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カタミロナイトの関連キーワード正片麻岩レンズ状片麻岩片状片麻岩捕獲岩状お化け片麻岩火炎片麻岩眼球片麻岩コッケイド片麻岩多結節片麻岩花崗片麻岩ヘレフリンタ片麻岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone