コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタルニャ語 カタルニャごCatalán

翻訳|Catalán

1件 の用語解説(カタルニャ語の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カタルニャご【カタルニャ語 Catalán】

ロマンス語に属する言語。元来ピレネー山脈東端から地中海岸にかけての地域に根づいたラテン語を源として形成されたもので,現在ではスペインカタルニャ地方のほか,バレンシア地方の大部分,バレアレス諸島アンドラ(同公国の公用語として),フランスルーシヨン地方,サルデーニャ島北西部の町アルゲロ(14世紀に移植される)で使用されている。全言語人口は約700万人と推定される。カタルニャ語イベリア半島の他のロマンス語(スペイン語ポルトガル語)と共通の特徴を有する一方,地理的・歴史的につながりの深い南フランスのオック語との共通点(‐aを除くラテン語の非強勢語末母音の脱落など)も少なからず示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のカタルニャ語の言及

【ロマンス語】より


[分類・分布]
 ロマンス語の分類に関してはさまざまな試みがなされているが,19世紀末に死滅したダルマティア語(かつてアドリア海東岸に分布)を今日使用されているロマンス語に加えたうえで,次のような分類が考えられる(配列順序はヨーロッパにおける分布をおおよそ西から東にたどったもの)。(1)ポルトガル語,(2)スペイン語,(3)カタロニア語(カタルニャ語,カタラン語とも),(4)オック語(オクシタン(語)とも),(5)フランコ・プロバンス語Franco‐Provençal,(6)フランス語,(7)レト・ロマン語(レト・ロマンス語とも),(8)サルジニア語(サルデーニャ語とも),(9)イタリア語,(10)ダルマティア語Dalmatian,(11)ルーマニア語。これらの〈言語〉はいずれもいくつかの地域的な変種(方言)を含んでいるが,(1)(2)(3)(6)(9)(11)のように超局地的な共通語(標準語)の確立している言語と,そのような標準語をもたない(4)(5)(7)(8)(10)のような言語とがある。…

※「カタルニャ語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone