コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタログスペック かたろぐすぺっく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

カタログスペック

カタログレベルで掲載される製品のスペック。一般には機能や必要資源などを指す。ベンダーが発行するカタログでは、理想的な状態を前提にしている場合が多く、カタログスペックとして対応されている機能があっても、それが実環境で効果的に使用できるかどうかは別の問題である。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カタログ‐スペック(catalog spec)

メーカーが公表している機械などの性能や仕様のこと。
[補説]自動車の燃費や、パソコンの周辺装置通信速度などの実測値は、それらの使用条件や動作環境によってカタログに記載された値と異なる場合がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

カタログスペック【catalog spec】

パソコンや電子機器などのメーカーがカタログなどで公表している製品の性能。一般に、性能を示す値の測定は理想的な動作環境においてなされるため、実際に製品を使用する環境ではカタログに記された値と一致しないことがある。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

カタログスペックの関連キーワードカタログ値RLG自動車補説

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android