動作環境(読み)どうさかんきょう(英語表記)operating environment

知恵蔵の解説

動作環境

ソフトウエアや周辺機器を利用しているパソコンソフトウエアの状況。これから利用しようとしているソフトや周辺機器の「動作環境」という場合、「使用するための条件」と言い換えることができる。基本的な動作環境はパソコンのスペックOSバージョンで決まり、さらに特定の周辺機器やソフトウエアを含める場合もある。

(斎藤幾郎 ライター / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

動作環境

ソフトウェアまたはプリンターなどの周辺機器を使用する際に、これらを動作させるために必要なパソコンのシステム条件のこと。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どうさ‐かんきょう〔‐クワンキヤウ〕【動作環境】

hardware requirement》コンピューター上でアプリケーションソフトなどを稼動させる際、必要となるハードウエアオペレーティングシステムの条件のこと。正常に稼動する最低限の条件を必須(動作)環境、機能を十分に発揮できる条件を推奨(動作)環境と呼んで使い分けることもある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例