コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタ帯 カタたいkatazone, catazone

岩石学辞典の解説

カタ帯

グルーベンマンの深度帯の考え方では最も深部の変成作用の帯.非常に高い温度と静水圧で弱い応力が特徴である.指標鉱物(index mineral)は輝石,橄欖(かんらん)石,長石,雲母,珪線石菫青石尖晶石石榴石である[Becke : 1903, Grubenmann & Niggli : 1924].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典内のカタ帯の言及

【深成作用】より

…バディントンA.F.Buddington(1959)は,花コウ岩体の形や性質と周囲の岩石の性質との間には密接な関係があると主張し,花コウ岩の性質や現出状態も,その形成された深さに対応すると考えた。そして,地殻の比較的浅くてほとんど広域変成作用の起こっていないところや古い地質時代の冷却してしまった変成岩地帯などをエピ帯epizone,深くて高度の広域変成作用の起こりつつある地帯をカタ帯catazone,その中間のところをメソ帯mesozoneと呼んだ。一般に調和的な花コウ岩体は,広域変成帯に産することが多い。…

※「カタ帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カタ帯の関連キーワード合成変質帯ハイポ帯カタ変成帯変成度

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android