コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カツウェラウニ人 カツウェラウニじんCatuvellauni

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カツウェラウニ人
カツウェラウニじん
Catuvellauni

ブリタニアの現テムズ川北岸地域に居住したベルガエ人の強勢な部族。前 54年ユリウス・カエサルに敗れたのち,北部と北西部に広がり,43年頃ベルラミウム (ロンドン北方) に首都を形成,ローマ支配下にも農業と陶業によって繁栄した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カツウェラウニ人の関連キーワードウェルラミウムベルガエ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android