強勢(読み)きょうせい(英語表記)stress

翻訳|stress

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「強勢」の解説

強勢
きょうせい
stress

言語音は音声器官の働きにより強くなったり弱くなったりするが,音声連続における強さの山を強勢 (強め,ストレス) と呼ぶ。国際音声記号では,[ˈ]で強い強め,[ˌ]で中の強めを表わす。[ˌkɑmbiˈnei∫ən] combination (組合せ) など。ただし,物理的強度と言語学的 (音声学的) 強さとは単純には一致せず,後者の物理的特性はまだ十分明らかになっていない。音調,長さ,調音の諸要因も加わっていると考えられる。英語では[ˈinkri:s] (増加) と[inˈkri:s] (ふやす) のように,同じ音素連続のうえに強勢の位置を異にするアクセントがかぶさっており,「強さアクセント」の音韻的対立がある。チェコ語ポーランド語フランス語などでは,それぞれ単語 (結合) の一定の音節に常に強めがあるから,音韻的対立をなさない。日本語には強さの現象はあっても,強さアクセントはない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「強勢」の解説

ごう‐せい〔ガウ‐〕【強勢】

《古くは「こうせい」とも》
[名・形動]
盛んなこと。景気がよいこと。また、そのさま。豪勢。
「遊びはあまり―なかまえよりか小ぢんまりした方が心持がいい」〈荷風腕くらべ
程度がはなはだしいこと。また、そのさま。豪勢。
「―に痛え剃刀かみそりだ」〈滑・膝栗毛・五〉
勢いが強いこと。
「なかなか―者で、つきのけはねのけ、ただいまこれへ参りまする」〈伎・毛抜
[副]ひじょうに。たいへん。
「―骨が折れやすが」〈魯文安愚楽鍋

きょう‐せい〔キヤウ‐〕【強勢】

つよい勢い。強大な勢力。ごうせい
「―は権利なりとの格言さえある此浮世に」〈漱石吾輩は猫である
強さアクセントで、強めの部分。ストレス。
[類語]強い強力強大無敵最強力強い・勝負強い・屈強強豪強剛剛強一騎当千手ごわい精強多力強烈パワフル強靭精鋭破竹の勢い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「強勢」の解説

きょう‐せい キャウ‥【強勢】

〘名〙
① つよい勢い。強力な勢力。ごうせい。
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「如何に斯波多の強勢を恐るれは迚」 〔後漢書‐酷吏伝〕
② (stress の訳語) 強弱アクセントにおける強めの部分をいう。ストレス。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の強勢の言及

【音声学】より

…この気音を伴うものを有気音(帯気音)といい音声記号の右肩に[‘]印をつける。英語では強勢母音の前の無声閉鎖音は有気となる。pen[p‘en]。…

※「強勢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android