コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カツモウイノデ Ctenitis subglandulosa (Hance) Ching

1件 の用語解説(カツモウイノデの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カツモウイノデ【Ctenitis subglandulosa (Hance) Ching】

オシダ科の常緑多年生シダ植物。しばしばシイ‐タブ林内に優占的な群落をつくる。根茎は斜上から直立し,大型の葉を数枚,叢生(そうせい)する。葉は五角状卵形で,3~4回羽状複生。中軸や羽軸には褐色の鱗片が圧着気味につくが,葉柄基部のものは線形で長く,黄褐色から赤褐色で,ふさふさとした束になる。これから褐毛イノデの和名が由来した。胞子囊群は小さく,裂片のやや中肋寄りにつき,辺縁が細裂した包膜につつまれる。紀伊半島以西の暖地に生じ,亜熱帯要素に近いが,多雨域には少ない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カツモウイノデの関連キーワード雉の尾羊歯しばしばしばしば目玉羊歯茶筅羊歯虎の尾羊歯両面羊歯鬼藪蘇鉄立忍蔓連朶

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone